結晶釉の器 やきもの工房 ちぇらみか・しげみ のロゴ


陶器の表面にキラキラと華が咲く結晶釉の器を、
徳島市眉山の麓で作っています。
煌びやかで落ち着きのある結晶の美しく不思議な世界を、
ゆっくりとお楽しみください。


結晶釉 シリーズ・コズモ 中鉢

結晶釉って何?

まずは、釉薬のお話から…
釉薬は、「ゆうやく」と言ったり「うわぐすり」と言ったりしますが、陶器の表面を覆っているツルツルしたガラス質の部分です。陶器はたいてい、形を作って乾燥させたら、800度前後で素焼きをして、その後、表面にどろどろとした釉薬をつけて1200~1300度ぐらいで本焼きをします。この本焼きで、釉薬が融けて、あのガラス質の部分ができるわけです。本焼きの途中で釉薬の中の成分が大きな結晶になる釉薬のことを、結晶釉といいます。その代表選手みたいなのが、私が使っている亜鉛華結晶釉です。
結晶釉 シリーズ・プリマ ビアタンブラー
亜鉛華というのは酸化亜鉛の別名で、亜鉛華結晶釉の場合、釉薬の約25%が酸化亜鉛です。これは、普通では考えられないくらい多い分量です。 そして、その多い酸化亜鉛が、本焼きの途中で結晶になって、このキラキラとした模様になります。そう言うと、とても簡単そうですが、実は、キラキラした結晶に育てるためには、色々な仕掛けが必要です。そこで、結晶に魅せられてしまった陶芸家たちが、あの手この手を使って、結晶を育てているというわけです。そして、私もそのうちの一人。
結晶釉 大鉢
 結晶を育てる仕掛けの一つは、焼成方法です。多くの陶器は、目的の最高温度まで上げると、そこから自然冷却に入りますが、結晶釉の場合は、最高温度から約100度下げたところで、数時間、ねらしの時間を作ります。私の場合は、約3時間半。最高温度で十分に融けた釉薬が、このねらしの間に結晶を作っていくわけです。ねらしの時間も、最高温度も、おそらく、陶芸家によって皆まちまち・・・のはず。私は、最高温度までに、900度で一度ねらしたりもしています。最高温度を何度にするか、何度で何分ねらすか、自分の求める結晶になるまで、ただひたすら実験あるのみ。

少々専門的な話をすると、釉薬の調合にも仕掛けがあります。釉薬の調合をする場合にゼーゲル式という計算式があります。ゼーゲルさんという人が編み出したのでゼーゲル式といいます。簡単にいえば、釉薬に使う原料の成分から、どの成分が何モル入っているかを計算して、それぞれのモル比をもとに、その釉薬がどういう雰囲気になるかを調べられるものです。例えば、最近、私が使っている結晶釉なら、酸化アルミニウムとケイ酸が、他の成分トータル1モルに対して、0.17:1.5ぐらいになって、酸化亜鉛は0.6前後になるように調整しています。といっても、実際に調合する原料は、珪石や長石なので、その中にどれくらいの比率でそれぞれの成分が混ざっているかは、産地によって違うし、さらには、同じメーカーから仕入れても、時期によって微妙に違うはず。ですから、計算は、あくまでも目安でしかないのですが、ただやみくもに調合を変えるよりは、ずっと成功率が高くなることは確かです。
結晶釉 シリーズ・コズモ ビアタンブラー
しかし、ある程度安定したパターンが見つかると、今度は、「他にもあるかも?」と思ったり、「もっと違う結晶も…」と思ったり。いや~、人間って欲張りです。でも、結晶釉にはそれだけの魅力があります。作っていても、使っていても・・・。
作り手としては、人間の手の届かないところで、最後の仕上げがされることが、大きな魅力かもしれません。それを、どこまで自分の手でコントロールできるか。1000度を超える窯の中は、自分は手出しできないし、見ることすらできない世界。でも、そこで起こることを操作する。いわば、偶然ではない偶然を作るのです。 使い手として、最初に感動したのは、水につけた時です。結晶のキラキラは、水につけると空気中とは違う輝きを放ちます。見る角度や光の具合でも、様々な表情を見せます。

結晶釉を使っている陶芸家は、日本ではそれほど多くないので、お店でも、あまり見かけないかもしれません。 でも、この結晶のファンの一人として、この美しい輝きを、是非、多くの方に知っていただきたいと思っています。


陶器の表面にキラキラと華が咲く亜鉛結晶釉の器を創作販売しています。普段使いはもちろん、特別な贈り物にも喜ばれるこだわりの逸品を徳島からお届けします。